目の下のくま:セルフケア編

目の下にできるくまには実は3種類あるのです。それぞれ原因も改善方法も違ってきます。軽度であればセルフケアによって改善させることができるため、それぞれのくまに対するケア方法を紹介します。

・黒くま

色が黒色のものができる原因の多くは「たるみ」です。特に加齢によるものがほとんどで、このたるみによって影ができて黒く見えてしまうのです。改善させるためにはまず食生活の見直しを行いましょう。体の内側から健康的な肌になるよう働きかければ解消できる場合があります。また目の周りにある筋肉を鍛えることでたるんでしまった皮膚を引き上げることができます。目を大きく開いたりぎゅっと閉じたりする動作を繰り返すだけで簡単に鍛えることができます。

・茶くま

茶色の場合は紫外線などの刺激による色素沈着であることがほとんどです。言ってみれば目の下が日焼けしてしまっているような状態なのです。UV対策や美肌ケア、またビタミンCを積極的に摂取するなどの日焼け対策と同じようなケア方法で解消できる場合があります。

・青くま

目の下は皮膚が薄いため、血行が悪くなっていることで血液の滞りが青く透けて見えてしまいます。こういった場合にはまず目元をしっかり温めてあげるようにすると効果的です。そして目に負担がかからないように優しくマッサージをしてあげると、滞っていた血流が徐々に流れ始めてくまが改善されやすくなります。

目の下にくまがあるだけで周りの人からは不健康そうに見られてしまいます。それを防ぐためにも、日常的にきちんとセルフケアを行うようにしましょう。今話題のアイキララを使ってみるのもひとつの手ですね。まずはアイキララの口コミをチェック!

コメントを残す